« 大変判りやすい看板 | トップページ | 晩秋の日豊本線にて(2) »

2008年11月 9日 (日)

お絵かきバス顚末

Dscnbh736

バスの側面を真っ白に塗装してキャンバスとし、油性マジックで小学生以下の子供たちに割り当てられた区画へ自由な絵や文字を書いてもらう「お絵かきバス」の企画が今年もあった。多くの場合は、秋に行われる名古屋市内各区の「区民まつり」など市や区の行事に照準を合わせて実施される。

私達の営業所のバスには、10月に行われた区民祭りで「お絵かき」をしてもらった。彼らの絵にも著作権があると思うので、絵の部分のアップをやや小さめに載せる。

Dscnb

こんな感じ。運転操作に必要のない中扉の部分にも、目一杯書いてもらっている。

ただ、書かれてしまうと影響のある前扉や、その他運行に関係のあることを記した部分だけは“お絵かき当日”にテープなどで覆って、あくまでキャンバス部分に書いてもらうようにする。

この催しを始めた当初は「らくがきバス」と名打って行われたのだが、「こちら側がお金を貰って代償に好きなものを書いてもらうのだから『らくがき』はないだろう」、ということになり、翌年から現在の呼び方に変わっている。

あてがわれるバスは、余程のことがない限り、その年度中に廃車となる古い車を使う。ここ数年、新車が納入されるのは1~2月頃である。つまり、新車が入れば他の古い車と共に「お絵かきバス」も廃車の運命にある訳だ。10月か11月くらいに書いてもらって、1月か2月頃まで走るのだから、お絵かきバスとしての寿命は短いが、「絵」そのものも毎年更新しなければ、より多くの子供に書いてもらえないから、止むを得ない処置といえる。

お絵かきされたバスは、別に他の車と区別されることなく、同じ設備を持ったバスと共通で運用される。だから、日によって走る路線はまちまち、ハンドルを握っている人も日替わりである。私自身も何度か、お絵かきを運転した経験はある。子供たちが喜んで指を差したりして、結構面白いものである。

ここまでは、近郊のバスマニアの方ならご存知の話だと思う。で、折角私も運転手なので、身内でない方があまりご存じない話を付け加える。

お絵かきを済ませたバスは、翌日からすぐ走れるというものではない。先程も書いたように、油性マジックで書いてもらうだけだから、強く手で擦ったりすれば絵は消えたり滲んだりしてしまう。だから、それを防ぐために「お絵かき」が済むと車両工場へ持って行き、透明のラッカーを上塗りして絵を保存する。ラッカーが乾くのに概ね2日はかかるので、実際にお絵かきバスが街を走るのは、早くてもお絵かきの4~5日後になる。

また、お絵かきの下準備をしたのに、荒天などで当日催し物が中止になってしまう場合もある。止む無く近隣の幼稚園などに話を持って行き、バスの車庫まで園児たちに来てもらいお絵かきしてもらうケースも今までにはあった。

順序が逆になってしまったが、お絵かきのためのキャンバス、つまりバスの側面を白一色で塗りつぶしたばかりの時の映像があるから(上の写真とは別の車両だが)、お目にかける。

Dscn

まだ、一人ひとりが書くスペースを区切る境界のテープも張られていない、本当に白を塗り終わったばかりの状態である。

因みに申し上げると、この白のキャンパス作りは、各営業所内の工場で十分やれる。勿論吹き付け塗装で行うのだが、催し物の日が近付くと対象車両からまず外広告を入れる枠を取り外す。それから晴天の日を選んで一気に塗装作業をする。晴天の日を選ぶのは、当然、乾きが早いからだ。そして完全に乾燥後、先程書いた「一人ひとりの区画を区切るための色付きテープ」を張る。白塗装は簡易的に塗ってあるだけだから、テープは粘着力の弱いサージカルテープなどを使う。これで、やっと準備完了となる。

色々と順序も立てずに書いたけれど、お絵かきバスの陰にも結構多くの人の手がかかっている、というお話でありました。

|

« 大変判りやすい看板 | トップページ | 晩秋の日豊本線にて(2) »

バス・仕事」カテゴリの記事

コメント

うちの子もまだ小さい頃に「お絵かき」に行って来ました。
懐かしいですね~。
G車庫では昨年の「お絵かきバス」が廃車延長でまだ動いているので今は2台あります。

投稿: N市のT | 2008年11月10日 (月) 09時56分

>N市のTさんへ
私がお絵かきをする訳ではないのですが、何故か「お絵かき会場」の間近へ行くことがよくあります。最近では昨年の今頃、T爺さんのお宅へ伺った時に、地下鉄の工場でやっていましたね。私は別の用事で地下鉄工場へ行ったのですが。

そうそう、たまたまお絵かきバスが廃車延長になると、そう云う事態になりますね。以前、西の方のN車庫かI車庫で、同様のことがあったようでした。

投稿: N市のTさんへ | 2008年11月10日 (月) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/25176705

この記事へのトラックバック一覧です: お絵かきバス顚末:

» 自動車廃車手続きの場所と書類など [廃車手続きガイド]
廃車手続きは、廃車する自動車の使用の本拠の位置となる住所(車検証上の”使用の本拠地”)を管轄している陸運支局または自動車検査登録事務所で行います。委任状があれば、自動車を廃車しようとしている本人以外が手続きをすることもできますが、当該の自動車の所有者が本人であることが条件となりますので注意が必要です。もし所有者が本人と異なる場合は、事前に所有者に”所有権解除”をしてもらう必要があります(販売店でローン購入した場合は、販売店が所有者になっ�... [続きを読む]

受信: 2008年11月 9日 (日) 22時14分

« 大変判りやすい看板 | トップページ | 晩秋の日豊本線にて(2) »