« また、ハトの観察 | トップページ | 疲れ甚だしきため »

2008年10月 9日 (木)

中島橋

Dscn

ちょっと小さな写真でご覧になり辛いかとも思うが。

私が住んでいる比較的近所に、中島(なかじま)橋と云う橋がある。私が昭和47年にこの地に引っ越してきた時に、橋は既にあった。当時から幅の狭い、古ぼけた感じの橋であった。

私の住む辺り一帯を「猪高(いだか)」と呼ぶけれど、これは昔の「猪子石(いのこし)」村と「高社(たかやしろ)」村の頭文字を合わせた地名である。その猪子石村の方のルーツがこの中島橋の辺りと言われている。「中島」とは昔の言い方で、集落(島)の中心との意味があるらしい。結構、歴史がある辺りなのだ。

はっきりとは覚えていないが、22~3年くらい前からこの橋を路線バスが通るようになった。のちに、私もその橋を走るバスを運転することになったのだが、何しろ幅狭な橋なので、乗用車とすれ違うのにも精一杯、自分でバスを運転する時は対向車があれば大抵通り過ぎるのを待つようにしている。橋を渡るバスの写真を2枚ほど。

Dscn1

これは、橋の北側から見たもの。

Dscn2

こちらは橋の東側から。ご覧の通りのオンボロ橋である。

かような具合では時代にそぐわないとのことで、とうとう今般、橋の架け替えを行うことになった。今月15日から全面通行止めとして、平成22年春頃を完成目標に工事を行うとのこと。

当然、橋を通るバスも迂回を余儀なくされる。つまり、この路線はダイヤが変わることになる。そんな理由で、10月15日から私たちの営業所のダイヤのローテーションが一部変更となる。小さなオンボロ橋だけれど、いざ通れなくなると結構影響は大きいのだ。

地元民として、また橋を利用する者として、どんな橋に生まれ変わるのか興味津々である。

***

書き忘れていたが、明日(10月10日)の仕事後から14日まで、九州は熊本方面へ撮影旅行に出掛ける。それで、14日まで暫しブログもお休みさせて頂く。よろしくご了解ください。

|

« また、ハトの観察 | トップページ | 疲れ甚だしきため »

バス・仕事」カテゴリの記事

コメント

凄いオンボロ橋ですね~。
架け替えるとすれ違いは楽になるのでしょうね。

少し前ですが、石川橋も架け替えで迂回しました。

投稿: N市のT | 2008年10月13日 (月) 11時00分

>N市のTさんへ
私が引っ越してきた35年以上前に、既に「ボロイ橋だなあ」と思わせる風貌でしたから、今まで何事もなくバスが通れただけでも奇跡のような橋です。架け替えには約2年かかるとのことで、2年後を期待します。

石川橋、そうそう、私たちがM見町行を副担当で受け持ち始めた時は、迂回の真っ最中でした。路線研修は迂回ルートでやりましたね。橋が開通して東の方から真っ直ぐ菊園町方面へ抜けれた時は、とても爽快な気分でした。

投稿: N市のTさんへ | 2008年10月15日 (水) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/24390888

この記事へのトラックバック一覧です: 中島橋:

« また、ハトの観察 | トップページ | 疲れ甚だしきため »