« 北陸本線秋路紀行(4) | トップページ | 職場の機関紙より »

2008年10月31日 (金)

無賃乗車

Dscn

今日撮った写真ではなく、1ヶ月ほど前のものだけど。

バスを運転していたら、知らない内にフロントガラスに蛾がくっついていた。こいつが中々根性があり、バスが大きく揺れてもスピードを50キロぐらい出してみても、ビクともしない。そうこうする内にとうとう終点のバスターミナルに着いてしまった。

お客を全部降ろしても、もちろん奴はくっついたままである。時間があるので、私はバスの外に降りて、蛾に話しかけてみた。

「こりゃ、お前、無賃乗車だゾ。」

返事がある筈もない。でももう一度言ってみる。

「こりゃ、無賃乗車だっちゅうに。」

蛾は我関せずと、フロントガラスにくっいていることに全神経を投入させている。

「無賃乗車すると、俺のプログに『無賃乗車した奴』って書かれちゃうぞ。」

これで降りてくれたり、乗車料金を払ってくれたら、世の中何も苦労は要らないだろう。私も、無反応の蛾にいつまでも構っているのも面倒になった。

「もう、知らんぞ。時間になったら勝手に発車しちゃうから。」

こう言い残して、運転席に戻った。

ターミナルで10分くらいの待ち時間があったが、彼は別にバスにくっついていて悪びれる様子もなく、私の方は発車時間になったからバスを乗り場につけた。

ターミナルを発車し、また50キロくらい出してみたが、相変わらずくっついている。中々根性の座った奴だ。もういい、好きにしろ、と思って3つか4つバス停を通り過ぎ、ふと前を見たら、奴の姿はなかった。

往復運賃400円、みすみす蛾に献上する羽目となった。いっそ私も蛾に生まれればよかった。

|

« 北陸本線秋路紀行(4) | トップページ | 職場の機関紙より »

小動物・野草」カテゴリの記事

コメント

蛾はなかなかしぶといですよ。これくらいの奴だと60キロ出してもへばり付いているでしょうね。
昆虫ならまだしも、名城線で92歳の爺が電車の連結部にくっついて乗っていたらしいですね。ちなみにこちらは「200円の切符を購入して入った」と供述しているそうで、無賃乗車ではないようですね。

投稿: N市のT | 2008年11月 1日 (土) 09時46分

>N市のTさんへ
本当に根性のある蛾でした。バスマニアなんでしょうかね?

名城線の件は知りませんでした。無賃乗車でないにしても、よくそんなところにくっついていたものですね。普通は風圧で振り落とされる筈ですが、腕力の強い爺さんだったのでしょうか。

投稿: N市のTさんへ | 2008年11月 1日 (土) 19時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/24906580

この記事へのトラックバック一覧です: 無賃乗車:

« 北陸本線秋路紀行(4) | トップページ | 職場の機関紙より »