« 変な「修理不能」とその功徳 | トップページ | 北陸本線秋路紀行(番外編) »

2008年10月26日 (日)

若くなきオサカナの悩み

Dscn

いきなりで失礼であるが。写真は私の頭の上部。普通の長さの髪を中央から分けているので、多少オデコは広めに見えるかも知れないが。

どちらにしても、白髪は全く見当たらない。また、髪を掻きあげたところで前線も後退していない。それに加えて、自分でも嫌なほどの童顔ときている。

この様な状態なので、私は知らぬ人からかなり若く見られることが多い。大体、10歳は若く見られる。贅沢と言われるかもしれないが、これが私の悩みなのだ。

自分のプロフィールにもあるように、私は路線バスの運転手である。そして、私たちのバスは前の扉から乗り、後ろの扉から降りるシステムだ。だから、見知らぬお客が乗ってくるなり私の顔を見ると「まだ若造の運転手だな」と思われる方が殆どだと思う。例えばバスが遅れている時など、人によっては「こいつは若造だから、ちょっと一言文句を言ってやれ」と思う人もあるようだ。実際に似たような年齢の同僚に尋ねてみても、私ほど頻繁に客から苦情を言われる運転手は中々いないようだ。酷い時には、他の運転手の苦言を私に言ってくる人までいる。

私とて、自分なりに懸命に運転をしているのだから、あまり苦情を言われれば気分はよいはずがない。私がもう少しゴマ塩頭で、眉毛も太いおっかない顔面なら、頂く苦情の数は半分以上に減るだろうと思う。要は客に嘗められているのだ。

別に、ツルツルの禿頭になってくれとか、真っ白な頭になってくれとまでは言わない。ただ、年齢相応の容姿になってほしいと思うのだ。45歳なら45±5歳程度に見えるようになって欲しいのだ。

若く見られるのはいい事だと言う人が多いけれど、この歳になってくると、あまり若く見られ過ぎるのも、子供扱いされているようで気分の良いものではない。また、歳に相応しい貫禄も全く感じ取ってもらえない。人間としての重みも感じてはもらえない。

年寄りに見られ過ぎるのも困るとは思うが、つまるところ「歳相応に見て欲しい」と切実に思っているのだ。

父は、比較的若い頃から、頭頂部が薄くなってきた。白髪も程々にあった。何故私はああならないのだろう? 日頃、余程苦労をしていないのだろうか。自律神経失調症に陥るくらい苦労しているつもりなのに、まだ苦労が足らないのだろうか。

自分の容姿が気に入らないのって、結構毎日がつまらないものですぜ(涙)。

|

« 変な「修理不能」とその功徳 | トップページ | 北陸本線秋路紀行(番外編) »

分類不可」カテゴリの記事

コメント

自分の容姿に満足している人はあまりいないのでは。
自分で作ったものではありませんからね。

髪の毛が少なくなったり、白くなったりしていないのは羨ましいですね~。
私は長にこの20年怒られ続けすっかり髪の毛が減りました。帰省する度に友人に「またキタな~」と言われます。
T爺さんも最近すっかり白いものが目立ってきましたね~。

投稿: N市のT | 2008年10月26日 (日) 10時44分

童顔いいじゃないですか!
私は好きですけどね!
私も童顔ではないのですが、よく「まだ高校生でいけるんじゃない?」と言われます。
ちょっと情けないと思う時もありますが、女でこの年になるとちょっとうれしいです。
でも、中身はおばちゃんですけど・・・。(性格の問題かも?それとも女子校がいけなかったかな?)

投稿: ゆう | 2008年10月26日 (日) 20時57分

>N市のTさんへ
まあ確かに、自分の容姿に満足している人は少ないでしょう。
ただ私は、あまり子供に見られ過ぎるのに嫌気がさしているのです。
本文にも書いた通り「歳相応」には見て欲しいと思うのですよ。人から嘗められるのも、いい気分ではありませんよ。

T爺さん、スポーツ刈りだから目立たないですけれど、結構白くなってきましたね。やはり、グズラ女史で苦労されたのが響いているのでしょうか。

投稿: N市のTさんへ | 2008年10月26日 (日) 22時03分

>ゆうさんへ
人それぞれ好みがありますから、童顔好きな人がいてくれるのは有難い気がします。

私は今の職場へ来る前、某大学でスクールバスの運転手をしていたのですが、学生たちは私に「おぼっちゃまくん」との仇名をつけていたそうです(そういう漫画があったらしい)。別におぼっちゃまぶっている積もりはないし、実際に生まれも育ちも粗雑ですが、そう決め付けられてしまうとちょっと嫌だなーとは思っていました。

女性としては、年より若く見られるのは嬉しいのじゃないですか?
「高校生」とまで言われると、ご本人も複雑な気分かも知れませんが。

投稿: ゆうさんへ | 2008年10月26日 (日) 22時14分

私が小さい頃「おぼちゃまくん」ってマンガありました。
私はあまり見てないけど(子供が好きそうな下品なギャグがありまして。ここでは書けませんって、どこでも書けません)かなり流行りましたから。
たぶん、髪型とか顔の感じが似てたんじゃないでしょうか?
目がクリッとしてらっしゃるんじゃないですか?

投稿: ゆう | 2008年10月27日 (月) 21時10分

>ゆうさんへ
目はそれほどクリッとしていないけどな……。ただ、うる覚えで「おぼっちゃまくん」は眼鏡をかけていたような……(一度、雑誌か何かを見せられた記憶があるんです)。私も眼鏡はかけています。

髪の毛は男性としては異常なほど柔らかい(細い)ので、あまり「髪型」らしいものにならなかったのですが、その頃は真ん中で分けずに、いわゆる「7:3」分けに近い形でした。

似ていますかね?

投稿: ゆうさんへ | 2008年10月27日 (月) 23時29分

おぼっちゃまくんは、めがねかけてないです。
似てない気がしますね。まったく。
わたしは、真ん中分けが好きです。
髪をかき上げる感じの髪形が異常に好きです。
髪型フェチです。

投稿: ゆう | 2008年10月28日 (火) 21時21分

>ゆうさんへ
>おぼっちゃまくんは、めがねかけてないです
ってことは、私の全くの覚え違いですね。失礼しました。

髪型フェチって言葉、初めて聞きました。何か笑えます。そういう人もいるのかって感じで。
仕事柄「髪を掻きあげる」ほどの長髪に出来ないのですが、何れにしてもその下にくっついている顔がお粗末なので、まるで格好がつきません。とほほ。

投稿: ゆうさんへ | 2008年10月28日 (火) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/24747558

この記事へのトラックバック一覧です: 若くなきオサカナの悩み:

« 変な「修理不能」とその功徳 | トップページ | 北陸本線秋路紀行(番外編) »