« 昔日 | トップページ | 北陸本線秋路紀行(1) »

2008年10月 3日 (金)

愚かなる話

Dscn

判りやすいようにと思って、画像を大きめにした。

今の私の両手。指に何箇所か怪我をしているのがお判り頂けると思う。何故、怪我したか?

解答を申し上げるのも恥ずかしいが、趣味の「方向幕」を取り替える作業をしたら、こんなにボコボコになった。方向幕とは、バスや列車の行き先を示す表示幕のこと。くるくると回って、必要な所になるとピタッと止まる、あれのことだ。

作業そのものは、3日前の公休日の晩にやった。あれの取替えって、慣れていないとかなり難渋する。私は今まで2度やってみたことがあるが、こんな手に怪我をするほどのことはなかった。でも、1時間くらいはかかってしまって結構苦労したことは苦労した。

今回、何でここまで怪我する様な羽目に陥ったか、例の如く不明。あの方向幕を巻き取る機械は、何も入っていない状態の時は、上下の巻き取りバーを2~30回空巻き(正確には絞り巻きという)しないと幕にたるみが出てしまう構造になっている。今回替えた機械には「24回ほど」空巻きしてくださいと、指示書がついていたのでその通りにしたが、それでも幕を全部送っていると途中で幕に「たるみ」が出てしまって駄目だった。

結局散々苦労して、上下とも約1.5倍の35回ずつ空巻きをしたらやっとたるまなくなった。その苦労がこの怪我となって露呈したのである。

考えられるのは、巻き取り器自体がかなり古いものなので、絞り巻きのバネが伸びてきてしまっているということ。廃車になった電車から取り外した部品であるから、製造から40年以上経っていると思われる。営業用の電車として活躍していた時は幕がついていた状態だっただろうから、バネは伸ばされたままでいただろう。その影響ではないかなあと。

自分の趣味でこんな仕様もない怪我をしていては恥なので、営業所ではなるべく手を隠している。でも、多分、これを読んでくださっている「Tの翁」さんあたりから、何か言われそうだ。

|

« 昔日 | トップページ | 北陸本線秋路紀行(1) »

魚澄庵の暮らし」カテゴリの記事

コメント

心配しなくていいですよ。
あの沈着冷静なT爺さんも結構やらかしていますからね。

投稿: N市のT | 2008年10月 4日 (土) 11時50分

>N市のTさんへ
Tさんの一言で安心しました。
そうですか。あのT爺さん(Tの翁)でも、いろいろあるんですか。
またグズラハウスへ集結する機会がありましたら、話のネタにさせて頂きたいと思います。

投稿: N市のTさんへ | 2008年10月 4日 (土) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/24235365

この記事へのトラックバック一覧です: 愚かなる話:

« 昔日 | トップページ | 北陸本線秋路紀行(1) »