« 熊本電鉄「怒涛の1時間半完乗記」 | トップページ | 案内放送のデジ・アナ »

2008年10月18日 (土)

北陸本線秋路紀行(3)

気晴らしの旅行から戻って3日働いただけだが、仕事のローテーションを変えられてしまって以来、たった3日でもグッタリしてしまう様になった。今日は公休日だが、ほとんど家に籠もってノベーとノビている。

さてと。いつもの前置きを終わったところで。

先日来アップしている北陸本線紀行の3回目である。今回は、夕刻の景色を集めてみた。

Img2

ススキは順光で撮るのもよいが、逆光又は半逆光で撮ると輝いて見えるから写真の見映えもよくなる。そんな訳で、半逆光で狙った「はくたか」号。うまい具合に線路がカーブしていて、ススキに列車が被さるように写った。撮影地点は石動~福岡。

Img3 

ここは、撮影地としては比較的知られている所かも知れない。南今庄駅から僅かに敦賀寄りへ歩いたところの「お手軽撮影地」だ。電化区間は電線やケーブル類が邪魔になることが多いけれど、夕刻にはそれらが光って逆に格好の“演出家”になってくれる。しらさぎ号の赤い尾灯が一日の終わりを告げるようで、ちょっと物悲しい。

Imgtwlexp

鉄道に興味のない方にはこれが何の列車か判らないと思うけれど、鉄道ファンなら嫌でも判ってしまう被写体だ。解答を書いておくなら「トワイライトエクスプレス」という寝台特急。黒っぽい車両に黄色の帯が第1のポイント。縦に長い尾灯が第2のポイント。鉄道マニアはそういうもので、列車の種類を判断してしまうのであります。

札幌行きの「下り」のトワイライトは、だいたい富山近辺で夕刻を迎える。別のところで写真を撮っているうちに、このトワイライトの通過時刻になってしまい、急いで「副被写体」を探したら、勾配標(3.5と書いてある斜めの板のこと)があった。これ幸いと、そちらにピントを合わせて、カシャリである。東富山~水橋間。

Img4_2

秋の北陸本線の写真を何年か撮っていた訳だが、自分の中で「最後の一枚」はここにしてやろうというイメージがあった。それは北陸本線の終点の直江津駅。それも、ホームの端に車止めがある1番線に入ってくる列車でないと絵にならない。その上、出来れば夕刻の写真が好ましいと、自分ながらに随分と注文をつけていたら、ちゃんとそう云う列車があった。547M列車・直江津到着16時54分。幸い撮影日は晴れていて、イメージ通りの写真が撮れた。

北陸本線には何度も出掛けているから、勿論これで終わりという訳ではない。時間があれば、「秋路紀行」の続きはやりたいと思っている。ただとりあえず、本日のギャラリーはこれにてお仕舞い。

|

« 熊本電鉄「怒涛の1時間半完乗記」 | トップページ | 案内放送のデジ・アナ »

国鉄・JR」カテゴリの記事

コメント

やはり恐れていた事が現実に起こってしまいました。
逃げ切ったと思っていたのは糠喜びでした。
A山M生に捕まってしまいました。
隣組の人が中休週廃をキャンセルしたようです。
前段だけとの事で引き受けました。
連休の作業計画が狂ってしまいました。
ガックリです。
連れ合いは来月のお給金が増えるので大喜びです。

勾配票も薄っぺらくなって何か味気なくなりましたね。
木の厚みのあるのがいいですね~。

『トワイライト』の個室でビール飲みながら、まったりしたいですね~。

投稿: N市のT | 2008年10月18日 (土) 18時15分

>N市のTさんへ
ありゃりゃ、所謂「時間外廃休」ですか。G器所も相当悲惨な状況ですね。私は最近、「ナンバーディスプレイ」で確認してから電話を取ります。職場からの電話だと居留守です。

勾配標、実は私も撮影した時に「えー、何かペラペラだなあ。木の奴じゃないの?」と思いながら撮影しました。鉄分が体内にあると、見るところは同じになってくるようですね(苦笑)。

トワイライトでビール、Tさんと共に出来るのは何時のことやらです。

投稿: N市のTさんへ | 2008年10月18日 (土) 23時15分

今朝、M野E一とA山M生の手厚い歓迎を受け、出勤時と入庫時に沸きたてホットコーヒーのサービスまで付いていました。
しかし、ダイヤは糞で、1回半で2時間走りっぱなしでトイレにも行けず結構キツかったです。
帰宅して昼飯をいただいて、デジタル化作業を少ししたら睡魔が襲ってきて、2時間程気絶していました。

投稿: N市のT | 2008年10月19日 (日) 21時54分

>N市のTさんへ
糞ダイヤの外廃、お疲れ様でした。折角の「連休の喜び」も糠喜びとなり、おまけに睡魔に襲われたのでは、何とも私としてもお言葉のかけようがありません。

でも、Tさんの表現にはいつも笑わせてもらっています。2時間ほど「気絶」していましたとは(爆)。いつも楽しいコメントを本当に有難うございます。

投稿: N市のTさんへ | 2008年10月20日 (月) 01時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/24586931

この記事へのトラックバック一覧です: 北陸本線秋路紀行(3):

« 熊本電鉄「怒涛の1時間半完乗記」 | トップページ | 案内放送のデジ・アナ »