« 愚かなる話 | トップページ | LAVATORY考 »

2008年10月 4日 (土)

北陸本線秋路紀行(1)

今日は、4号勤務。土曜日の所為もあって、午後4時くらいには仕事が終わった。ただその後、買い物へ行ったり、車検が終わった自家用車を引き取りに行ったりと、要するにグズグズしている内にもう夜の9時である。

まあ、それでもここ最近の懸案の事柄の多くが処分できたから、結構すっきりした。

前置きがまた長くなった。

一昨年までの数年間、秋になると北陸線を撮影に出ていた。大体は10月に出掛けていたけれど、記録によると9月の年もあったようだ。何年かで取り溜めた「北陸の秋」を少しずつだがご紹介していこうと思う。

Img413

美川~加賀笠間で撮影した、秋空高い普通電車の走る風景。秋の特徴の一つは、空が大変高く見えること。流れ雲があれば尚更それが際立つ。そんな涼風吹く景色を、広角レンズで空を中心に撮影したもの。ありきたりの写真ではあるが、「秋らしい」意味では近年の中ではお気に入りの写真である。

Img

一転して曇り空だが、バックに高い山が聳える。立山連峰の山々だ。この辺りは水田が非常に綺麗なので、初夏に訪れた方が良かったかもしれない。ただ、気候のいい秋は何処で何を写しても気分がいいもので、これでもまあまあ絵になっているかと勝手に思っている。撮影地点は東富山~水橋。

Img_2

「秋」とは直接関係ないが、徐々に涼しさが増してくると温泉が恋しくなる。というこじつけで、芦原温泉駅の画像。ここは昭和47年2月まで「金津」という駅名であった。そしてここから芦原まで、一駅きりの「三国線」という国鉄線が分岐していた。駅員に尋ねたところ、画面左側の、ホームにしてはちょっと貧弱そうな施設が金津駅当時の三国線ホームだったという。

廃線直前の三国線の時刻表を見てみたが、列車本数はかなりあって需要は程々にあったらしい。ただ、非電化線だったから当時既に電化されていた北陸線の列車は乗り入れが出来ない。で、どうせ乗換えが必要なら、バス転換してしまえということになったらしい。福井鉄道が芦原の向こう、三国まで直結していたのも廃線に追い討ちをかけたとのこと。この辺り、国鉄の経営の下手糞加減が象徴的に出ていると思う。終点の芦原は、現在でもJRバスが「芦原湯町」として当時の駅舎を使っている。芦原温泉の中心部に駅があったのだ。本線からの直通列車を走らせていれば、廃止の憂き目になぞ遭わずに済んだと思うのだが。

名古屋から比較的近い北陸地方。画像はまだまだあるので、おいおいアップしていく予定でいる。取り敢えず本日はこれまで。

|

« 愚かなる話 | トップページ | LAVATORY考 »

国鉄・JR」カテゴリの記事

コメント

おじさんには近くて遠い北陸です。
昨年の7月以来行っていません。
最近国鉄色の58が七尾線にチョコチョコ顔を出すので行ってみたいです。
北陸は国鉄車両の宝庫なのでいいですね~。

投稿: N市のT | 2008年10月 5日 (日) 20時52分

北陸の魅力の一つは「国鉄型」でしょうね。サンダーバードやしらさぎなど一部の特急を除けば、殆どは国鉄型車両ですものね。
私も、そちらの意味でも北陸を旅行するのは好きです。

国鉄色の58かあ。久しぶりにとくと眺めたいですね。

投稿: N市のTさんへ | 2008年10月 5日 (日) 23時18分

立山と書いてあったので、私の高校の修学旅行が立山アルペンルートだったのでちょいとおじゃま。
立山に行くとき、大阪の辺りから「雷鳥」に乗りました。
その時、電光掲示板に「サンダーバード」って書いてあって大笑いしました。「私たちサンダーバードに乗るの?スーパーサンダーバードもあるよ!うける!」と。
たしかにかみなり、とり「サンダーバード」なるほどです。

投稿: ゆう | 2008年10月14日 (火) 11時39分

>ゆうさんへ
私たちが幼い頃に、「サンダーバード」と云う題名の人形劇がTVで放映されてました。結構軍事的なもので、いかつい内容だった覚えです。
そのイメージがあるので、私はサンダーバードと言ってもあまり笑う気分は起きないですね。

特急の「サンダーバード」は「雷鳥」号の速達版と理解して頂ければと思います。そうそう、どちらも大阪始発で、金沢・富山方面に行く特急です。
でも、高校の修学旅行で立山なんていいですね。私達の高校は、隣の岐阜県へ行って「全員強制的にスキースクール」が修学旅行でした。幸い私は親父の影響でスキーをしていましたから、結構楽しめましたけれど。

投稿: ゆうさんへ | 2008年10月15日 (水) 23時00分

「サンダーバード」は私は見たことありません。
昔の番組紹介みたいなので見ただけです。
たしかに特急でした。
ちなみに、修学旅行は本当は韓国か北海道の2チームに分かれてでした。
でも、私たちが行く頃韓国の状勢が悪くみんなで立山に行く事になりました。そして、立山からバスで東京へ。ディズニーランドへ行き帰りはこだまで6時間。最初「立山~?」って「山見てどうすんの?」なんて言っていましたが、なかなかの風景に結構満足。使い捨てカメラでも十分きれいな景色が撮れました。ただ寒かったです。ちょうど今頃だったと思うので。高校生で立山なんてなかなかの選びですよね。たぶん修学旅行で行かなかったら行ってないと思うなーって思います。

投稿: ゆう | 2008年10月16日 (木) 21時42分

>ゆうさんへ
立山自体は、私はまだ行ってみたことがありません。ただ旅行雑誌などを見ていると、かなり景色は良さそうですよね。
うん。高校生で「立山」を選ぶ。なかなかの選択だと思いますよ。且つ、そんな所へ行ける学校の修学旅行が羨ましく思えます。

でも、この時期なら山の上は寒かったでしょうね。下手したら、早い雪に降られる可能性だってある辺りですから。

私も余裕ができたら「黒部立山アルペンルート」へ一度は行きたいと思っています。

投稿: ゆうさんへ | 2008年10月16日 (木) 23時31分

立山は良いですよ。ロープウェーや変わったケーブルカーなどでも楽しめます。
それは良いとして、私のブログのメールですがエラーが出て送信できません。なんでかはわかりません。
携帯のアドレスなら、まるさんが知っていらっしゃるので聞いてもらえれば幸いです。できれば携帯の方がいいです。パソコンは兄と兼用なので。すみません、パソコン音痴で。

投稿: ゆう | 2008年10月17日 (金) 15時49分

>ゆうさんへ
立山のアルペンルートは、ロープウェイあり、ケーブルカーあり、トロリーバスありでとても魅力的だと思っています。私もヘンテコ人間でして、トロリーバスの仲間の「無軌条電車(鉄道免許の一種)」の運転免許を持っています。

頂いたコメントは15時49分となっていますね。私はゆうさんに宛てて、17時頃にメールを送っていますがそれも読めていないということでしょうか?

先程、まるさんに「ゆうさんのメルアド教えて」のメールを送りましたので、多分彼が教えてくれると思います。18日は私は仕事が休みですから、ちょっとはメールなど書き直しも出来ると思います。まるさんのお返事を待とうと思います。

投稿: ゆうさんへ | 2008年10月18日 (土) 00時23分

>ゆうさんへ
もしこのコメントをご覧頂けたらですが……。
一応私のPCのフリーアドレスを書いておきます。もし気が向いたら、ゆうさんの携帯からこのアドレスへメールしてみてください。
qwertasdfg56789@yahoo.co.jp
です。
よろしくです。

投稿: ゆうさんへ(再) | 2008年10月18日 (土) 18時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/24263084

この記事へのトラックバック一覧です: 北陸本線秋路紀行(1):

« 愚かなる話 | トップページ | LAVATORY考 »