« 私の好きな風景 | トップページ | パス1 »

2008年9月 4日 (木)

AT車とMT車

Dscn

Dscn_2

見ての通り、AT車の変速装置(アリソン社製)とマュニアル車の変速装置である。

バス用のトルコンは、メーカーによって、また納入先によって変速装置に様々なタイプがあり、写真は一例である。私達の職場では最も多いタイプの変速機だ。

おさかなの職場ではノンステップ車導入以降、運転者の負担を減らすためにAT車が採用されてきた。然し、燃料費の高騰を受け、今年度の納入車からMTに戻すとのこと。ただ、今年度は一部、AT車も残るとの話である。

普通、ここまで書けば、運転者の負担増となるMT化反対を唱えそうなものだが、実は密かに私は喜んでいるのだ。私はMT車の方がずっと好きなのだ。

何でかって言うと、AT車なら楽は楽だが、自分の好むギアシフトで走れないからだ。それに、AT車って遊園地のゴーカートみたいで、機械の運転操作をしているとの実感がない。機械いじりをしている方が好きな性分だ。

特に前者の理由は、私達の営業所では結構重要なことだ。名古屋でも丘陵地帯を走る機会が多い営業所なので、坂道できちんと性能を発揮してくれないと、折角のトルコンもストレスの原因になりかねない。実際問題として、多くの車種が登り坂で登れもしないのに上の段にオートチェンジしてしまい、速度がズルズル落ちて、また下の段にオートチェンジするなんていうバカバカしいことをやっているのだ。シフトを下げてもこの現象が起きる車種が多い。これでは、燃費だって悪くなる一方だ。

バスにトルコンは、まだ時期尚早とさえ思う。で、私はMT化の話を密かに喜んでいる次第だ。あまり多くの人に知れると、ぶん殴られるかもしれないので、ここにひっそり書いておくだけにしておこう。

|

« 私の好きな風景 | トップページ | パス1 »

バス・仕事」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりにのぞきに来ました。
なぜ、ここへって感じですが、AT車がゴーカートみたいと書いてあったので。
私も思います。
私は免許をマニュアルで取ったので。
家の車がマニュアル車だったので、大変な思いをして取りました。
一回教習中にマニュアルを乗ったとき「せっこー!こんなん誰でも乗れるじゃん!」とうらやましく思ったものです。
しかし今はAT車。
もう5年以上もマニュアルには乗ってません。
なんだかもう乗れる自信がありません。
もともと、ペーパーに近いので。
もっぱら身分証明書として使うほうが多いかもcoldsweats01
でもAT限定でない免許書はちょっと自慢です!
乗らないぶん免許書は黄金に輝いております!shine

投稿: ゆう | 2008年9月10日 (水) 22時57分

こう云う言い方は失礼かも知れませんが、今時の女性の方でマニュアル車の免許を持っている人は珍しいと思います。大いに自慢していいのでは?!
古い話で恐縮ですが、私達が普通免許を取る時には、まだAT車の教習はありませんでした。勿論、AT車限定免許ってなかったですしね……(^-^;

と、今では偉そうなことを書いておりますが、私も普通免許を取る時は苦労しました。自動車学校で「第1段階」「第2段階」って順番にあって、規定時間数は1段階が4時間・2段階が4時間・3段階が9時間・4段階が10時間でした。これをおさかなは、8時間・8時間・11時間・10時間で卒業しているんです。つまり、合計で10時間もオーバーして、やっと免許取得に及んだのです。
こんな奴でも、慣れれば大型二種免許まで行き着けるわけで。ペーパードライバーだからと小さくなることはないと思いますヨ。
(追記:私の免許証には水色の帯が輝いております。とほほ。)

投稿: ゆうさんへ | 2008年9月10日 (水) 23時41分

我が家の自家用車がマニュアル車なので娘もマニュアル免許を取らざるを得なかったのです。
AT車は自分の思うように動いてくれないので嫌ですね。
バスも小型や中型はいいですが、大型車はまだまだ「開発途上」といったところでしょうか。
スピードダウンして再加速する時に、なかなか立ち上がってこないのが難点ですね。冷房をかけると最悪ですね。

投稿: N市のT | 2008年9月13日 (土) 19時58分

お帰りなさいませ~。
そうですか。Tさんの娘さんもAT限定免許ではないのですね。
でも、本当に「自分の思うシフトで走れない」ATは、どうにも嫌いです。勿論、今の自家用車もMTです。

大型バスのATは、本文にもあるように時期尚早だと思います。特に坂道では泣けます。車種は言いませんが(言わなくてもお判りと思いますが)、シフトを2まで落としても冷房をかけていると15~20キロしか出ない急坂が、私達の営業範疇にあります。
ストレスの塊になりますよ。

投稿: N市のTさんへ | 2008年9月14日 (日) 00時32分

素人の私が言うのもおこがましいですが、市バスにノンステップ(日野ブルーリボン)が入ったばかりの頃は「ノンステップバスってオートマなんだ」と思いました。
でも市バスの新車がノンステップに統一されてから全車オートマになった時、マニュアルの設定がある車種でもオートマで入ったのは素人の私でも「?」と思いました。

投稿: リニモ1号 | 2009年7月23日 (木) 00時12分

>リニモ1号さんへ
本来、ノンステ車をATにしたのは、車椅子などの取り扱いで乗務員に負担がかかるから、とのことで組合側が当局と交渉してATを勝ち取ったとの経緯があります。
ただ、現存しているAT車には「各個人の運転癖を10分くらいで読み取り、その癖で最も効率のいいATチェンジを行う」装置がついているそうです。この装置に1台当たりかなりの金額がかかるので、結局は赤字を減らしたい一心の当局側が「MT車に戻します」との意見をごり押ししてきたのです。
新車の構造等については、外部の方には判りにくい面も多々あると思いますが、こうした「組合と当局の駆け引き」もかなり影響しているのです。

その為、昨年度から(私個人的には好きな)MT車が復活しましたが、電動ミラーやヘッドレストは組合側が要望して存続・新設となっています。ただ、ヘッドレストに関しては、あれだけ乗務員に厄介者扱いされているので、今年度の新車に取り付けられるかどうかはかなり怪しいところだと思います。

投稿: リニモ1号さんへ | 2009年7月23日 (木) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/23498725

この記事へのトラックバック一覧です: AT車とMT車:

« 私の好きな風景 | トップページ | パス1 »