« 昨夏の高山本線・その2 | トップページ | 洗濯の日 »

2008年9月 2日 (火)

体調のご報告

今日は公休日明け。仕事が終わったのが遅かったから、これを書き始めるのも遅い。投稿するまでには9月2日になってしまうだろうが、一応9月1日の延長ということで。

ちょうど1ヶ月前の晩、既に神経を抜いてある歯の根元が激しく痛み出し、とうとう一睡もできないことがあった。歯根に膿が大量に溜まったためだった。あれから1ヶ月、膿を抜き、歯根の再治療を施してもらい、最終的な薬も入って、現在は歯冠を被せるための土台の金属が歯の中に納まっている。前回、歯型もとったから、次回(5日に行く予定)で歯冠を被せて元通りにしてもらえるだろう。

歯の方は、ほぼ一件落着といったところ。

歯のことも含めてだが、7月下旬からお盆辺りまでが最も体調が芳しくなかった。7月中旬から始まった新しい仕事のローテーションには慣れられないし、暑さで体がバテていく一方だったし、不眠癖も薬の追加をしなければいけない状態だったし。夏の好きな魚澄庵庵主であるが、今年ほど「早く8月だけでも終わってくれ」と願った年はなかった。体の順応性など、いろいろ衰えもあるようだ。

転職まで本気で考えた体調の悪さであったが、幸い、先日の四国旅行で少し精神的に落ち着けたことと、何よりその頃から急に涼しくなったことで、心身ともにかなり持ち直した。このまま何とか10月まで持ち込めば、今の職場で持ち応えられるだろう。私の体調に関して色々ご心配を頂いた皆様、有難うございました。この場を借りて御礼申し上げます。

さて、残念ながら数日前から、また新たな症状で少し辟易している。外科的なことだから大事ではないが。現在の私の右手首。

Photo

サポーターは飾りではない。下に湿布薬が隠れている。

理由は判らぬが、仕事中に手首のくるぶし辺りから小指にかけて痛みが走り始め、ハンドルを握るのも苦しいくらいになった。で、その翌日からこの姿のままだ。これも、かなり快方に向かっているが、まだ湿布とサポーターは欲しい。雰囲気としては「疲労骨折」に似た症状だが、骨折が数日でそうも急に快方には向かわないから、やっぱり理由は判らない。多分、あと数日はこのままの姿で仕事するであろう。

40歳を超えれば、人間、誰しも何らかの体調の変化はある。下らない自分の話に終始したが、これが9月を迎えたおさかなの体調ご報告である。

|

« 昨夏の高山本線・その2 | トップページ | 洗濯の日 »

魚澄庵の暮らし」カテゴリの記事

コメント

暑い夏が過ぎ、涼しくなって来ると夏の疲れが出て来ますね~。
特に今年は超過酷な勤務が続きましたからね~。
おじさんになると弱いところにガタが来ますね~。
お互い老体を労わって過ごしましょうね。

投稿: N市のT | 2008年9月 2日 (火) 22時50分

今夏は、今までの14年間で最大のピンチでした。本当に過酷な勤務であり、過酷な暑さでした。
45歳で「老体」とは言いたくないですけれど、実情がこうでは「老体」を認めざるを得ません。
5年後、10年後の自分を考えると、恐ろしいですよ。

投稿: N市のTさんへ | 2008年9月 3日 (水) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/23421238

この記事へのトラックバック一覧です: 体調のご報告:

« 昨夏の高山本線・その2 | トップページ | 洗濯の日 »