« 特急「やくも」、受難の時代 | トップページ | 消費期限なるもの »

2008年9月24日 (水)

プリント写真整理の日

連休2日目の今日は、溜まりに溜まっている写真(プリントされたもの)の整理に明け暮れようと決めていた。部屋の片隅には

Dscn_2

この様に無造作にプリントの山が積んである。向こうの写真袋にも一杯詰まっている。合わせて2年3ヶ月分。

写真には、裏にナンバリングがしてあり、この番号を基にレポート用紙で作った台帳に撮影データや写したものの内容を書き込んでいく。

Dscn_3

我乍ら、ゴチャゴチャした面倒な作業だ。ただ、これをしっかりやっておくと、写真をアルバムに貼り付けたりする「次の整理」の時点で手間がかからない。また、撮影データをきちんと管理しておけば、次回以降の撮影の時に露出やシャッター速度の決定に役立つ。

そんな次第で、面倒でも結構役に立つ作業ではある。

では、今日のブログは簡単に済ませ、また台帳に書き込む作業に勤しむこととする。

|

« 特急「やくも」、受難の時代 | トップページ | 消費期限なるもの »

魚澄庵の暮らし」カテゴリの記事

コメント

こまめにデータ整理をやっていますね。
流石おさかなさんです。私も見習わなくてはなりません。
しかし、廃休三昧で休みがなく、抵抗勢力の攻撃等で全く整理出来ませんね~。

たまに連休で家でゆっくり趣味の物品の整理をしたいです。
使用済みの切符や出先で購入したものが山積みになっています。
長の「お父さん片付けなさい!!捨てるよ!!」の攻撃をいつも受けています。

投稿: N市のT | 2008年9月24日 (水) 22時03分

>N市のTさんへ
データの整理だけは、ズボラな私に似合わず結構マメにしています。本文の通り、後々の自分の参考になると思いますので。

抵抗勢力(笑)ですか。廃休はお互い様として、抵抗勢力がなければ将来の自分は一人ぼっちになること必至ですし、結構難しい問題に発展しそうですね。でも、一人ぼっちを覚悟で自由を手に入れているのだから、仕方ないのかなと思いながらの毎日です。
折角の自分のコレクションを捨てられては叶わないですし。戦後、と言うより、団塊の世代以降の女性は本当に強くなったと思います(苦笑)。

投稿: N市のTさんへ | 2008年9月26日 (金) 01時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/23987077

この記事へのトラックバック一覧です: プリント写真整理の日:

« 特急「やくも」、受難の時代 | トップページ | 消費期限なるもの »