« 意味不明の遊具 | トップページ | いまどき「カセットデッキ新調」 »

2008年9月18日 (木)

おおさか東線・撮影結果ご報告

明日(18日のこと)はお休みだーと、はしゃいでビールを飲みすぎたので、つい先程まで夢の中であった。とんでもない時間(現在午前2時)であるが、目が覚めてしまったし、折角先日のポジが上がってきたので、また恥さらしを覚悟で一部をお披露目しようと思う。

Img_3

関西線と接続する終点の久宝寺駅。国鉄時代は貨物のヤードがあって広い構内であったが、ヤード廃止に伴い狭い構内になり、そこへまた新線が入り込むことになったので駅も辟易しているように思える。現状では、おおさか東線の電車はごく一部を除いて線内だけを往復している形なので、駅の東方に待機線が設けられ、折り返しの際は必ずここへ入線する。

Img_4

こちらは起点側の放出駅付近。外側の2線が片町線、中央寄りの2線がおおさか東線。両線の平面交差を避けるため“先住民族”のはずの片町線は、こんな急勾配で駅へ入る形に線路が改められた。一般的なパターンとは逆なのがちょっと面白い。

Img_5

旅客線としては新線扱いの同線だが、元の城東貨物線を旅客化しただけなので、現在でも平日には7往復ほどの貨物列車が設定されている。貨物列車の時間が近付いたからとて、JR長瀬駅のホーム端で構えようと思っていたら、何とホームの北側端は立ち入り禁止になっていた。結果こんな写真になってしまったが、ともかく架線下をDD51の牽くコンテナ貨物が、ウグイス色の電車の合間を縫ってのんびりと走る。

Img_6

昨日のネタにした遊具と電車のショットも実はこっそり撮っておいた。これもJR長瀬駅の付近にある。まったくもって近代的な遊具だが、いつの日かウグイス色の電車とも馴染んでいくのだろう。そう言えばこの公園、「球技禁止」の看板が立てられていた。

……と、まあ前回同様、冴えない小ギャラリーでありました。

|

« 意味不明の遊具 | トップページ | いまどき「カセットデッキ新調」 »

国鉄・JR」カテゴリの記事

コメント

おおさか東地区もどんどん開発されて風景も変わってきましたね。
一昨年の12月でしたか、城東貨物線の赤川鉄橋に爺さんと行って来ました。
おおさか東線では未乗ですが、国鉄時代にチャレンジ20,000キロの全線踏破者会のイベントで貸切気動車で乗車しました。
もう一回行っておきたい処です。

投稿: N市のT | 2008年9月18日 (木) 22時22分

>N市のTさんへ
赤川鉄橋、行かれたことがあるんですね。私も、工事前に、と思いつつ中々そこまで足がのばせずにいます。もう、本格的な工事も始まってしまったかな?

おおさか東線自体は、ご存知のように高架化の上複線化、ということで、城東貨物時代とは趣が全く違うと思います。狭い住宅街の僅かな隙間を高架線が走っているとの印象を受けました。

投稿: N市のTさんへ | 2008年9月18日 (木) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/23820172

この記事へのトラックバック一覧です: おおさか東線・撮影結果ご報告:

« 意味不明の遊具 | トップページ | いまどき「カセットデッキ新調」 »