« ド近眼と老眼 | トップページ | 一昔前の境港線 »

2008年9月10日 (水)

日の出・日暮れ

Dscn

数日前から、また体調がよろしくない。8月下旬から続いた不順な天候が明けて、ちょっと暑さがぶり返しているから、その影響だろう。

まあ、グダグダ言っても仕方がない。仕事以外の時はできる限り肩の力を抜いて、騙し騙し日々を通り過ぎさせるだけだ。

さて、それでもって。上の写真は、とあるバス転回場で日暮れ時に写したもの。今日ではなく、2日前のものである。

今日は、6日前、つまり9月4日と全く同じ内容の仕事であった。担当ダイヤのローテーションの加減で、たまにこう云うことがある。このダイヤには正規の勤務以外に時間外の仕事もセットになってついており、それも全く同様にこなした。それで感じたのが、たった6日のことでやけに日の出が遅くなり、日の入りが早くなったこと。

朝は5時20分頃に起きている。6日前も同じ時間に起きたのだが、外から射し込む光が意外なほど弱くなっていた。別に今朝の天気が悪かったわけでもない。あれ、こんなに日の出が遅くなっちゃったっけ?が朝一番の感想。

同様に夕方。正規の勤務は終わっていて、時間外の仕事は17時42分に車庫からバスターミナルへ向けて回送する。6日前には安全のためのフォグランプだけで出発したのだが、今日は初めから「う~ん、ヘッドライトが要るなあ」。そして、バスターミナルで客扱いをする時にも初めから室内灯を点灯させた。

この仕事になってから、室内灯の点灯時間で季節を感じるようになったけれど、また、今年もそんな時期になってきたのだな。考えてみれば、お彼岸ももう目の前。日が短くなって当たり前だ。

研修時代を含めると、この職場でもかれこれ15年が経とうとしている。毎年同じことの繰り返し。それが積み重なっての15年。年々歳々、まさにそんな心境で夕暮れの街を帰宅客を乗せて走り始めた。

|

« ド近眼と老眼 | トップページ | 一昔前の境港線 »

バス・仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/23649441

この記事へのトラックバック一覧です: 日の出・日暮れ:

« ド近眼と老眼 | トップページ | 一昔前の境港線 »