« このサボを買った理由 | トップページ | 意味不明の遊具 »

2008年9月15日 (月)

贅沢の是非

Dscn

「写真は白黒に始まり、白黒に終わる」

写真を趣味とする人の間に、こんな言葉がある。初めは白黒写真で撮り始める人が多いけれど、やがて皆、カラー写真に移っていってしまう。ところが、写真を極めていくとまた白黒写真に戻ってくる、とそんな意味である。

私自身は白黒で始めたのは確かだけれど、その後カラーに移ったままで一向に白黒には戻らない。時代背景の違いもあるが、どっちにしても白黒写真に戻る気は当分ない。逆に言えば私の写真の腕前が、そんな程度と云うことでもあろう。

学生時代は写真部にいたから、白黒ならフィルムの現像から印画紙への焼付けまで一通りできるようになっていた。でも、カラーは個人でやるのは大変難しい。それに費用も莫大にかかる。ラボに出していた方が余程安上がりだ。そんな次第で、お金のない学生時代は、かなり白黒での写真も撮った。ただ、自分の趣味として撮る「鉄道写真」は当時からカラーネガフィルムを使っていた。

だが、学生時代に清水の舞台から飛び降りるつもりで、カラーポジフィルム(スライド用に色が反転していないフィルム)を使ったら、その綺麗さにすっかり虜になってしまった。とは言え、ネガとポジでは、フィルムの値段・フィルム現像の値段・焼き増しの値段、全てが桁違いで、とても常用できるものではなかった。

こうして仕事をするようになって、具体的に言えば10年位前から、私もポジフィルムが常用できるくらいになって来た。独身だし、そこそこのお給金も頂ける様になったからだ。私は鉄道旅行費と写真代に給料の大半を費やすから、こんな贅沢も出来るけれど、家族が居て奥方から貰う小遣いも限られて、と云う方には、この年齢にしてはとんでもない贅沢と云うことになるだろう。

白黒写真から思い返せば随分な贅沢だと自分でも思う。今は仕事で収入があるから、こんな贅沢をしているけれど、「アリとキリギリス」の話を思い出さないでもない。現在の私は典型的なキリギリス状態。いつか老いぼれて年金もマトモに受け取れなくなった時に、この贅沢を後悔するか否か、どっちなのかな。今日仕事しながら、ふっとそんなことを思い浮かべた。

|

« このサボを買った理由 | トップページ | 意味不明の遊具 »

分類不可」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。なんとなくパソコンから遠ざかっていました。
ネガ懐かしいー!!昔はネガ付きで写真屋さんからもらったものです。
私が高校生だった頃、ちょうど使い捨てカメラが流行って、みんなカバンの中に入っていました。その頃白黒で写せる使い捨てカメラも流行って私も使っていました。なので、高校生の私は、白黒写真が結構あったりして。私は結構好きですよ!白黒写真!なんか賓がある気がして。そうそう、白黒写真を紅茶につけるとセピア色になるってホントですか?なんかそんな噂が(笑)

本当に写真も電車もお好きなんですね。
好きなもの、趣味があるって良い事ですよ!
私は無趣味なのでうらやましいです。
趣味って結構お金かかるんですよねー・・・。
私もなんか見つけなきゃです。

投稿: ゆう | 2008年9月16日 (火) 21時16分

使い捨てカメラが流行った時代があったのは記憶にありますが、実は「白黒の使い捨てカメラ」って今はじめて聞きました。そういうものがあったんですねー。勉強不足!

学生時代はお金がなかったこともありますが、白黒写真でどれだけカラー写真のように、その色彩が判って貰えるかってことを考えて写していましたね。紅葉とか、真っ赤なカンナの花などは、とても白黒の及ぶところじゃなかったけれど、何とかして色彩を感じるような写真が撮りたいって結構必死になってました。それはそれで、楽しかったですけれどね。

そうそう、白黒写真の紅茶漬け、試したことはありません。ただ、わざとセピア色に変色させられるような薬品があって、お遊びで使ってみたことはあります。学生時代は、とにかく実験的なことばかりして遊んでいた気がします (^^)

写真も電車も好き過ぎて、ちっとも貯金が溜まりません。老後のおさかなや、如何に……。

投稿: ゆうさんへ | 2008年9月16日 (火) 21時42分

昔はカラーフィルムの価格が高く初めは白黒で撮影していました。SLだと白黒の方がいいですよね。
SLは白黒で撮影したものが多いですね。

働くようになってからはカラーばかりですね。
気動車や電車やバスを撮影するのはやはりカラーでないとマズイですよね~。

最近2~3年ポジを使っていましたが、お給金は長に全て吸い上げられるので、またネガにしています。

投稿: N市のT | 2008年9月17日 (水) 20時18分

SLは仰るとおり、白黒の方が「らしく」見えますね。それにSLなら「この塗装は国鉄時代の塗装」っていう色の変化もありませんし(例えばSLが白地にブルーのラインとかに塗変されたら、気色悪いですよね)。

でも、昨今の電車や気動車は塗色の変化が激しいから、カラーの方が価値があるように思います。折角の大糸線の国鉄色を白黒で撮ったところで、今一納得できないものが自分の心にもあります。

>お給金は長に全て吸い上げられるので

やっぱり私は贅沢者ですね。現在の環境を大切にしなければ。

投稿: N市のTさんへ | 2008年9月18日 (木) 00時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/23768469

この記事へのトラックバック一覧です: 贅沢の是非:

« このサボを買った理由 | トップページ | 意味不明の遊具 »