« 贅沢の是非 | トップページ | おおさか東線・撮影結果ご報告 »

2008年9月16日 (火)

意味不明の遊具

先日の「おおさか東線撮影旅行」の記事で、出し忘れていた写真があるので、ちょっとお目にかける。

Dscn

こんなんだけど。

例えば一番手前の細いはしごを登っていくとする。初めは地面と人体は平行なのでよい。だけど徐々に登っていくにつれ、人体は地面と垂直の角度になってしまう。大抵の人間は、重力の法則に則って、落下するのじゃないだろうか。

こんな遊具で、大阪の子供たちは安全に遊べるのか?? 私は暫し鉄道写真のことを忘れ、このヘンテコな遊具に見入ってしまっていた。因みに、この遊具の辺りの地面が黒っぽく見えるのは、建物などの影ではない。かなり柔らかいゴムマットのようなものが敷き詰められているのだ。まあ、それぐらいの安全対策は流石に施してあるということなんですな。

それにしても、見返せば見返すほど、また意味が判らなくなってきた。

誰じゃい、こんな遊具を考案したのは? あまり深く考えすぎると、三球師匠のように夜も寝られなくなりそうなので、これで考察はやめておく。

|

« 贅沢の是非 | トップページ | おおさか東線・撮影結果ご報告 »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

世の中意味不明なものは遊具だけではありませんね~。

投稿: N市のT | 2008年9月17日 (水) 20時22分

私が保育園の時にも運動場にもありましたよ!
輪で出来ただけの登る遊具。
「マジ手離したら落ちるじゃん」って思いながら上ってました。
保育園児にして命の危機を感じておりました。
ちなみにちょっと前ですけど、久しぶりにブランコに乗ったのですが
酔いました。子供の頃は、楽しい乗り物だったのに。
若いってすばらしい!

投稿: ゆう | 2008年9月17日 (水) 21時07分

一行で片付けられましたが、仰せの通りなので返す言葉がありません……。

投稿: N市のTさんへ | 2008年9月18日 (木) 01時00分

うーむ、私が意外と勉強不足なのかも。結構子供の遊具って、安全に配慮されてるものが多いと思っていましたが、スリリングなものも多いってことですよね。

ブランコ、そうですよ、楽しい玩具の筈です。酔っちゃいますか? 私も近い内にどこかの公園のブランコで試してみます。

投稿: ゆうさんへ | 2008年9月18日 (木) 01時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/23788834

この記事へのトラックバック一覧です: 意味不明の遊具:

« 贅沢の是非 | トップページ | おおさか東線・撮影結果ご報告 »