« 吉原駅(東海道線)の貨物扱い | トップページ | 車検 »

2008年9月27日 (土)

ヒガンバナ

Dscn3

もう、彼岸は完全に終わっちゃったっけ?

写真は名古屋の中心街、栄に咲いていたヒガンバナ。

ヒガンバナって、忌み嫌う人も多いと思う。曼珠沙華の別名もあるし、「墓場花」なんて呼ぶ人までいる。仕方ないことではあるが。

でも、私は嫌いではない。と言うより寧ろ、長い間憧れの花だった。図鑑では小学1年生の時から見ていたのに、実物はちっとも見ることが出来なかったからである。

初めて実際に見たのは、大学時代に国鉄・越美南線(現在の長良川鉄道)の撮影に行った時の車窓からである。名古屋近辺ではちっとも姿を見かけなかった。勿論、どれくらいの背丈かさえも知らなかった。

名古屋で急にヒガンバナを見るようになったのは、平成に入ってからだと思う。球根性の花だから、そう簡単には伝播しない筈だ。なのに、急激に名古屋でも姿を見るようになった。それで、今では中心街の栄でも咲く姿を見るようになった。

栄だけではない。あちこちの道路の中央分離帯にも、堂々と咲いている。そして更に、花の色は赤だけだと思っていたら、白・ピンク・黄色もあることを知った。先程書いたように球根性なので、一度生えると毎年そこに咲いている。今年は9月の始めに名古屋の市役所付近で咲いているのを早々と見つけて、ありゃりゃ、もう秋かと思ったものである。

名古屋の街中で急激に繁殖し始めた理由はさっぱり判らない。誰かが意図的に中央分離帯に植えるようになったのか、何かの偶然で球根がトラックなどから転がったのが起源なのか、生態系の変化なのか、また何か別の理由があるのか。

縁起はよくないとの迷信もあるけれど、私は綺麗な花だと思う。季節を告げる花は、余程の理由でもない限り、嫌いになれる理由がない。秋なら、この他にクズや萩の花など。言いようによっては皆、雑草に過ぎないけれど、でも、花を見て季節を知るのは最も自然なことだと思う。

ヒガンバナの繁殖、私は歓迎である。

***

話は変わるが、魚澄庵もいよいよ電話並びにネットを「ひかり」化することになった。29日に工事して貰う予定となっている。この準備と工事のため、明日と明後日は、ブログを含めたネット関係をお休みさせて頂く。宜しくご了承の程。

|

« 吉原駅(東海道線)の貨物扱い | トップページ | 車検 »

小動物・野草」カテゴリの記事

コメント

綺麗な花には毒があります。注意して下さいよ。

「ひかり」化おめでとうございます。
「ひかり」は速いですよ~。
ドガログにADSLで動画をUPするのに小一時間かかっていたのが、「ひかり」にしてからは、ものの数分でUP出来ましたからね~。
気が短い我が家の長には打って付けです。

投稿: N市のT | 2008年9月29日 (月) 20時07分

>N市のTさんへ
そう言えば、ヒガンバナは毒がありましたね。
あの、因みにTさんの奥方も、綺麗な方なんでしょうか……? (いつも、散々に書かれているので、ちょっと気になっただけです。スミマセン)。

さて、「ひかり」は「こだま」よりも停車駅が少ないのと同じで、アナログこだまから乗り換えると、速さが嬉しいですね。私は今のところ動画を貼り付ける予定はありませんが、将来そんなことがあったときにも、威力を発揮してくれそうですね。

「ひかり」よりもっと高速の通信アイテムが出来た暁には、やっぱり「フレッツのぞみ」とかって名前になるんでしょうか(どちらの会社も国策で民営化されたとの共通点があるから)。

投稿: N市のTさんへ | 2008年9月30日 (火) 15時01分

こっちでは彼岸花が花盛りです。
彼岸花は他界したおじいちゃんが好きだった花です。
おじいちゃんは一応都会育ちだったので彼岸花を見ることがなかったみたいで、私の運動会を見に来る頃ちょうどいっぱい咲いているので「きれいな花じゃのー」とよく言っていたそうです。
とても好きで「毒あるよ」と言っても「きれいだからいい」とも
言っていたそう。私は小さかったので後から聞いた話ですけど。
彼岸花を見る度におじいちゃんを思い出します。
私の部屋からも見えてたんですけど・・・こっちのおばあさんにバッサバッサ切られちゃいました。現実に戻された気分。

投稿: ゆう | 2008年9月30日 (火) 22時15分

>因みにTさんの奥方も、綺麗な方なんでしょうか……?

ふ~ん????
下の子に「DNAで将来あんな顔になるぞ~」と言ったら、「嫌だ~」と言っていましたよ。
実物を見に来て判断して下さい。
お待ちしております。

投稿: N市のT | 2008年10月 1日 (水) 10時56分

>ゆうさんへ
同じ花でも、ただ「綺麗」と言っているだけではなく、思い出が籠もっていると余計に見る目が違ってきますよね。特にそう云った特別な方の思い出があるとなれば一層。

ヒガンバナって天を向かって受け止めるように形で咲きますよね。天国におられる方の思いを、花が受け止めてくれているのかも知れません。

まあ、現実は、邪魔な人には雑草ですから、「バッサバッサ」となるんでしょうが(笑)。

投稿: ゆうさんへ | 2008年10月 1日 (水) 13時15分

>N市のTさんへ
そうですか。「綺麗な花には毒が」とあったので、ご質問に及んだのですが。
年度が変わって廃休地獄が解かれたら、一度お邪魔に伺いたいと思います。
でも、Tさんが選ばれた奥方ですから、「嫌だ~」のような方ではないと思っています。

投稿: N市のTさんへ | 2008年10月 1日 (水) 13時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/24074891

この記事へのトラックバック一覧です: ヒガンバナ:

« 吉原駅(東海道線)の貨物扱い | トップページ | 車検 »