« 予讃本線撮影結果報告 | トップページ | 昨夏の高山本線・その2 »

2008年8月30日 (土)

昭和は遠くなりにけり

今夜は、NHKで「懐かしのメロディー」を放送していた。それで私の頭もすっかり昭和へ逆戻りしてしまったので、写真もとんでもないものをご披露する。

Img12

色も想像以上に退色して、ちょっと自分自身ショックだけれど、私が親からカメラを借りられるようになって、初めて撮影した写真である。

瀬戸電、つまり名古屋鉄道瀬戸線の昭和51年当時の姿である。撮影場所は、喜多山駅だ。実際は、ハーフサイズカメラの「オリンパス・ペン-EE」で撮影しているので縦長の写真であるが、都合上横長に直してアップさせて頂く。

こうしてみると、自分の鉄道写真歴も長くなったなと思う。私が12才の時に撮った写真だから33年前の写真ということになる。こんな頃から、鉄道写真に興味を持ち、親にカメラをねだっていたのだ。

電車そのものも古い形だし、駅の雰囲気も随分変わった。今や、4両編成の電車が多くの乗客を運ぶ郊外路線となったが、当時は2両のオンボロ電車が走っているローカル線のような存在だった。こんなものを見るにつけ、昭和は遠くなったなと思う。今年が平成20年だから、昭和が去って20年ということだ。

私がお爺になっているのも、当たり前ですな。

|

« 予讃本線撮影結果報告 | トップページ | 昨夏の高山本線・その2 »

鉄道その他」カテゴリの記事

コメント

古い電車は味があっていいですね~。
新型電車はちょっと味気ないですね~。
昭和51年といえば、おじさんもまだ高校生の頃でしたね~。
SLが廃止になってちょっと暇してましたね~。

投稿: N市のT | 2008年8月31日 (日) 20時20分

オンボロ電車でしたけど、本当に味がありましたねー。
私は何度もお話しするように、SLが地元から消え去ってから本格的に「鉄」の活動を始めたので、当時、やることは一杯ありましたねー。
旧国の追っかけ、165系電車の追っかけ(幼稚園の頃からファンだった)、名古屋以外の地区への侵攻などなど挙げればキリがありませんねー。

色々な意味で「夢」と「味」があった時代でしたねー。

投稿: N市のTさんへ | 2008年8月31日 (日) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/23364416

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和は遠くなりにけり:

« 予讃本線撮影結果報告 | トップページ | 昨夏の高山本線・その2 »