« 昭和は遠くなりにけり | トップページ | 体調のご報告 »

2008年8月31日 (日)

昨夏の高山本線・その2

今日は嬉しい公休日。早くても11時までは布団から離れないぞと思って寝たら、朝8時に営業所から電話が。shock

結局それが元で、9時に止む無く布団を離脱する。

昨日の内に家事は殆ど片付けておいたので、今日は撮り溜まっている写真の整理に終始する。と言っても、現段階で整理できているのは2006年5月まで。少し涼しくなってきたし、元気を出して整理に精を出さなくては。

さてさて、余談が長くなったが、昨夏の高山線の写真を2枚ほど追加でアップしようと思う。

Img5828

こちらは先日の「その1」の方でもアップした、増発応援用の国鉄型ディーゼル。この列車が乗り入れる終点の猪谷付近で撮ったもの。山間にこだまするディーゼルエンジンがとても好印象だった。

Img

こちらは、速星駅から少し歩いた辺りで撮った、高山線で唯一の定期貨物列車・1070列車。本来なら、編成は短くとも、コンテナの中に化学薬品などを積んで走る筈なのだが、全車が空荷(コンテナを一つも積んでいない)である。この当時、新潟を襲った2回目の地震(長岡や柏崎付近が被害甚大だった)のため、信越線を経由して新潟方面へ抜けるルートが土砂崩れで不通となっていた。その為に、荷物の送りようがなかったらしい。

貨物列車の編成は、時代背景によく左右される。例えば原油価格の高騰で、昨今、石油関連のタンク貨物が運休になったり、運転されても編成が短くなったりと影響があるそうだ。この貨物列車も、全くその「時代」に合わせて運転されたと云うことらしい。

撮影者としては、早めに撮影地に着いてしまったので、暑い中を2時間も待った挙句だったのだが……。とほほ。

|

« 昭和は遠くなりにけり | トップページ | 体調のご報告 »

国鉄・JR」カテゴリの記事

コメント

休みの日の営業所からの電話には参りますね~。だいたい5割から7割位の確率で来ますね~。

58系は今春から富山~越中八尾間の運用に短縮されましたね。猪谷まで行かなくなったので残念です。

速星の貨物は国鉄色で良かったですね~。私の時は赤更新車でした。
やはり、地震の影響で速星到着は荷がそこそこありましたが、帰りは単機でした。

投稿: N市のT | 2008年9月 1日 (月) 19時03分

G営業所では、休日電話の確率が高いですね。私の所は3~4割といったところです。ただ、魚澄庵と営業所が近いので、突発電話がとんでもない時間に鳴り響くことがあります。これだけは堪忍して~。

貨物の牽引機でも、やっぱり国鉄色の方が好感が持てますね。JRになって20年も経つのですから、できるだけ色にはこだわらないよう心掛けていますが、日本全国に波及した色はそれなりの理由があって選ばれた色だと思うのです。いっそ、国鉄型車両は全て原色に戻したら、ファンは大喜びでしょうね。

投稿: N市のTさんへ | 2008年9月 2日 (火) 01時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/23388209

この記事へのトラックバック一覧です: 昨夏の高山本線・その2:

« 昭和は遠くなりにけり | トップページ | 体調のご報告 »